【無料】英語ネイティブの発音が確認できるテキスト読み上げサイト5選

eyecatcher_tts

英語を勉強しているときや、英文を読んでいるときに、読み方の分からない単語やフレーズに出会うこともありますよね。

そんなときに便利なのが、入力した文章を自動で音声化してくれる、text-to-speech(テキスト読み上げ)機能です。

Webアプリやスマホアプリなど、様々な形態のものがありますが、ここではWebブラウザ上でそのままテキストを入力またはペーストして利用できる無料サービスをご紹介します。

これらは、各社が開発しているソフトウェアなどのサンプルとして公開されているデモンストレーション版なのですが、これがけっこう使えるんです。

アプリなどのダウンロードが不要で、無料で利用できるものばかりですので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

英語を正しい発音で覚えることの大切さ

英文を黙読するにしても音読するにしても、間違った発音やアクセントで読み続けていると、それが自分の中で定着してしまい、せっかく知っている単語やフレーズなのに、会話の中で出てきても聞き取れないし、自分が使っても通じないということになってしまいます。

読み方の怪しい単語は、とりあえず自己流の発音で読むのではなく、ネイティブの発音を確認して正しく覚えることが大切です。

最近は音声付きの英語教材もたくさんありますし、単語や例文の読み上げ機能がついている電子辞書もありますので、ネイティブの発音を確認するのはそれほど難しいことではないかもしれません。

ですが、目の前の単語や文章を今すぐ音声で聞きたい、というときもありますよね。

以下の音声読み上げサイトでは、文章を画面上に打ち込むかペーストするだけですぐに音声に変換できますので、手軽にネイティブの発音を確認することができます。

再生速度を調節することもできますので、よく聞き取れなければ、ゆっくり再生して確認することも可能です。

英語学習に使うときの注意点

今回ご紹介するサービスはどれも、単語や短い文であれば、人が話しているのでは?と思えるほど違和感のない自然な発音でテキストを読み上げてくれます。

ですが、やはり文が長くなればなるほど、不自然な部分も出てきます。

たとえば、「I speak English, Japanese and Chinese.」のように、「A, B and C」や「A, B or C」と3つ以上の単語が並列されているとき、普通は「A」は少し上がり調子で次に続く感じで読みますが、自動読み上げではまだその並列までは認識できないようで、「I speak English」「Japanese and Chinese」と別のフレーズのような調子で聞こえます。

このように、読み上げサービスの音声は、まだ完全には人が話すレベルに達していないという点を踏まえた上で、短い文やフレーズのネイティブ発音を確認するための参考ツールとして利用することをおすすめします。

英語のテキスト読み上げサイト おすすめ5選

※以下は、2020年5月時点の無料デモンストレーション版の情報です。内容が変わる可能性がありますので、最新の内容は各サイトでご確認ください。

text2voice

text2voice

【サイトURL】https://www.text2voice.org/

【入力可能文字数】1,000文字

【英語音声の種類】
・アメリカ英語:男性3種類、女性5種類
・イギリス英語:男性1種類、女性2種類
・オーストラリア英語:男性1種類、女性1種類
・ウェールズ英語:男性1種類
・インド英語:女性2種類

【速度調整】有り(5段階)

【読み上げ箇所の表示】無し

【その他特徴】
・MP3/OGG音声ファイルのダウンロードが可能
・「呼吸音入り」「穏やかな声」「ささやき声」なども選択可能

アメリカ英語、イギリス英語に加えて、オーストラリア英語、インド英語、ウェールズ英語まで聞くことができます。無料版で音声ファイルのダウンロードができるのもすごいですね。

Natural Voices

natural-voices

【サイトURL】https://www.naturalreaders.com/online/

【入力可能文字数】無制限(ただし、Premium Voicesは1日20分まで)

【英語音声の種類】
(文字数制限なし↓)
・アメリカ英語:女性1種類
(1日20分まで↓)
・アメリカ英語:男性5種類、女性5種類
・イギリス英語:男性4種類、女性4種類

【速度調整】有り(19段階)

【読み上げ箇所の表示】有り

【その他特徴】
テキストファイルの読み込みが可能(対応形式:pdf, txt, doc(x), epub, ods, odt, pages, ppt(x), png, jpeg)。

声の種類を選ばなければ、文字制限なしで聞けるのがうれしいところ。テキストファイルを読み込んで音声に変換できるのも便利ですね。
読み上げ箇所の表示があるので、どこを読んでいるのか目で追いながら聞くことができます。

Vocalware

【サイトURL】https://www.vocalware.com/index/demo

【入力可能文字数】600文字

【英語音声の種類】
・アメリカ英語:男性4種類、女性6種類
・イギリス英語:男性2種類、女性3種類
・オーストラリア英語:男性1種類、女性1種類
・インド英語:女性1種類

【速度調整】有り(6段階)

【読み上げ箇所の表示】無し

【その他特徴】
音の高さ、エコー付き、拡声器を通したような声、ささやき声など、様々な種類の音声が選べます。

音声エフェクトの種類が豊富。アメリカ英語、イギリス英語に加えて、オーストラリア英語とインド英語も聞くことができます。

VoiceText

voicetext

【サイトURL】http://voicetext.jp/

【入力可能文字数】200文字

【英語音声の種類】
・アメリカ英語:男性2種類、女性3種類
・イギリス英語:男性1種類、女性1種類

【速度調整】有り(36段階)

【読み上げ箇所の表示】無し

【その他特徴】
音の大きさ、高さも細かく調整可能

音声がとにかくなめらかできれいです。インターフェースが日本語なので、英語が苦手な人でも使いやすいと思います。

Acapela Box

acapela-box

【サイトURL】https://acapela-box.com/AcaBox/index.php

【入力可能文字数】300文字

【英語音声の種類】
・アメリカ英語:男性6種類(うち1種類は、複数パターン有り)、女性5種類、男の子3種類、女の子2種類
・イギリス英語:男性3種類(うち1種類は、複数パターン有り)、女性2種類、男の子1種類、女の子1種類
・スコットランド英語:女性1種類
・オーストラリア英語:男性1種類、女性1種類、男の子1種類、女の子1種類
・インド英語:女性1種類

【速度調整】有り(120段階)

【読み上げ箇所の表示】無し

【その他特徴】
・音の高さも30段階で細かく調整可能
・アメリカ英語では、「楽しそうな声」「悲しそうな声」「老人声」「悪人声」「遠くから張り上げる声」「近くでささやく声」など、様々なパターン有り

声の種類がとにかく多い!子どもの声を選べるのが他とは違うところ。インド英語、スコットランド英語も聞くことができます。

声の種類がとにかく多い!子どもの声を選べるのが他とは違うところ。インド英語、スコットランド英語も聞くことができます。バックで流れるBGMが若干気にはなりますが、無料版なのでしかたがないですね。

ぜひ英語学習に活用してみてくださいね!